株式会社東亜セイコー  
メッセージ
トップページ東亜セイコーってどんな会社? ≫ メッセージ
前のページに戻る
 
[TOP MESSAGE]メッセージ
 
経験の積み重ねで学んだ「三つの余裕」
 
三つの余裕を持つことで「進化」する企業を創りあげる。
 

 今日の東亜セイコーがあるのもお得意先の皆様のお蔭であり、社員の努力の賜物と深く感謝しております。私が創業を開始したのは、昭和27年です。初めにスタビライザー、自動定電圧装置の開発・製造に着手。翌28年にこの装置が松下電器産業(株)に採用されたのをきっかけに、31年には同社の計測部門、35年には部品事業部の生産技術部といった具合に、年々同社とそのグループ企業の取り引きが大きくなり、今日に至るまでお付き合いをいただいております。

 
  その間、34年に会社設立。43年には東亜セイコーに社名を変更。そして事業を興して以来、「進化」を経営理念においているのは、人間も、会社も、製品も、時代のニーズに合わせて進化していくべきだとの信念からです。日進月歩の早さで進歩するエレクトロニクス業界にあって、開発型企業に徹して経営を進めてまいりましたのも、進化の理念に基づくものであります。そして、この進化をサポートするのが当社のマインドである「お金の余裕・心の余裕・時間の余裕」と言う「三つの余裕」です。長年の企業経営の中で得た教訓であるこの三つがバランスがとれて初めて進化に加速度がついてくると思います。つまり、三つの余裕があるところに斬新なアイデアが生まれ、新しい技術開発も可能になり、事業の拡大が図れると言うわけです。
 
  これからも企業と社員が三つの余裕を持ち続けることで進化を事業の上に具現化し、お得意様のニーズに応えていくと共に、社会に寄与してまいる決意であります。
取締役会長 齋藤 優
 
代表取締役会長 齋藤 優
 
↑このページの先頭へ
東亜セイコーのアイデンティティー 事業領域 東亜セイコーを支える人たち 東亜セイコーの開発拠点 東亜セイコー&齋藤 優の足跡 仕事と遊びのポリシー メッセージ
 
株式会社東亜セイコー
Copyright (C) 2010 Toaseiko Co., Ltd. All Rights Reserved.